ゴールデンウィークに行きたい国内の穴場(東北の温泉)

ゴールデンウィークともなりますと、関東よりも南の地方は、気温がとっても高くなってきています。
年にもよりますが、関東では優しい日があったり、肌寒い日があったり両方ですね。
関東以北は、春真っ盛りではありますが、まだ幾らか肌寒さが居残る地域が多いです。
こうした気候的ことも考慮して考えますと、東北の温泉へ旅行してみるのはいかがでしょう。
温泉は年中、宜しいものですが、暑い時期よりは、まだまだ些か肌寒い時期から寒い時期にかけてのほうが、グングン楽しめますよね。
露天風呂に浸かっていられる時間も長いですから、その分、季節ごとの風流を楽しむことができますし、じっくり温まって、その後に宿の夕食を取るのは、日本人に与えられたこの上ない楽しみのひとつでしょう。
東北には、ぜひ宿泊してみたい温泉宿や、入浴してみたい温泉が数多くあります。
そして、ゴールデンウィークが穴場になっている温泉も多いです。
東北が遠いと感じられたのは、二度となんとも昔のことです。
現在は、関東からなら東北自動車道を走れば決して遠くありませんし、東北新幹線や北海道新幹線を利用すれば、ほんの長時間で本州最北端の青森県まで行けてしまう。
仙台程度であれば、1時間半くらいで到着だ。
気軽にたどり着ける距離になっていますよ。
しかも東北は、他の地域に比べましても混雑は少な目ですから、希望の温泉宿が予約し易いだ。
ちょい山野に入りますと、まったく桜が咲いているなどのサプライズもあったりして、意外な感動も多い東北だ。
いくつかおすすめの温泉をご紹介しておきましょう。
東北最北の青森にあります「浅虫温泉」は、誠に平安時代に発見された温泉だ。
とてつもなく長い歴史がありますね。
海もののため、ウインドサーフィンや海水浴、釣りやヨット、森林浴、そして温泉では湯治などをして過ごすことが出来ます。
秘湯として有名な「ランプの宿(青荷温泉)」もおすすめです。
岩手県では、花巻温泉が有名ですね。
花巻市内は、名勝が多いので、街駆け回りしたあとでの温泉は大変気持ちが良いと思います。
宮沢賢治にゆかりのある名勝も非常に多いので、本を読んだことがあるかたは、できるだけ訪問してみて下さい。
秋田県ですと、乳頭温泉が人気ですね。
山奥の秘湯の雰囲気満載ですので、こうした温泉宿に宿泊してみたいかたは、必ず乳頭温泉へ願わくは。
ロケーション自体もさぞかし穴場という雰囲気だ。
山形のおすすめ温泉は、誠に申しましても「銀山温泉」だ。
こちらのレトロな町は、何ともいえない懐かしさに溢れていらっしゃる。
湯治もしながらやや滞在したくなるくらい雰囲気が良いので、生涯に一度は宿泊してみたい温泉ですね。
宮城県では、伊達家の歴代藩主も訪れたという「秋保温泉」と、みちのくを代表する「鳴子温泉」が有名です。
福島県では「いわき湯本」温泉ですね。
たくさんの効能があり、千年以上にもなる歴史があります。
震災の傷跡もいやに回復してきました福島県ですが、引き続き傷が深く在る地域もあります。
訪問して、福島県を楽しんで譲ることが、今現在でも依然現地のかたがたの救いになります。
東北を旅行の際には、できるだけ、福島県にお止まり下さい。おすすめです