ゴールデンウィークに行きたい海外の穴場(タヒチ)

ゴールデンウィークにおすすめの穴場、外国編の最後は、やっぱり南国の楽園をご紹介しておきましょう。
ハワイではありません。
ハワイも良いでしょうが、ご存じのとおり、ゴールデンウィークは日本人で非常に混雑します。
日本国内の名勝におけるといった錯覚に陥ってしまうくらい、日本人が多いです。
そういった環境も良いかたは、ハワイ旅行も良いと思います。
日本人が少なくて、きちんと見慣れない南国のビーチリゾートを楽しみたいのでしたら、惜しくも足を延ばして「タヒチ」へお出かけしてください。
日本からタヒチへお出かけするかたの多くは、なんだかハネムーナーやカップルばっかなのですが、家族連れも、お友達同士でも、独力旅も、タヒチはおすすめですよ。
寧ろ、家族連れやお友達同士、独力旅の穴場と言えるかもしれません。
おんなじビーチリゾートも、ハワイや、グアム、サイパンなどとは異なる魅力が満載です。
タヒチまで旅行するとなると、日数は一週間程度はほしいですね。
成田からの直行便も、11時間半程度かかりますので、往復で2日はみておかないといけませんので、最低でも6日というところでしょうか。
タヒチでは、ぜひブルーラグーンに囲まれた水上コテージに宿泊頂きたいですね。
予算の関係もあるだから、全ての日数ではなくとも、半分だとか、毎日だけでも宿泊する価値はあります。
毎日宿泊してしまいますと、無理をしてでも全日数、宿泊したくなってしまうでしょうけれども。
ちなみに、タヒチはひとつの島ではなく、118という島々からなっています。
そして、島ごとに個性も異なるのですが、有名なボラボラ島はそれこそ世界中のハネムーナーが訪れる島ですので、どちらかと申しますと、「モーレア島」がおすすめです。
こちらにも勿論、ブルーラグーンと水上コテージがありますよ。
水上コテージであかすタヒチでの思い出は、先ず、生涯置き忘れることがないほど印象的だ。
多少の無理がきくのであれば、水上コテージ選びにはこだわって頂きたいですね。
アートがお好きなかたでしたら、タヒチは、あのゴーギャンがかわいがりた島であるということをご存じでしょう。
ゴーギャンは、モーレア島のことを「古城のようだ」っていうそうです。
とくにゴーギャンの絵がお好きなかたでなくとも、タヒチで少し過ごせば、自然にゴーギャンが好きに変わるはずです。
タヒチにはそういった不思議な魅力がありますね。
ゴールデンウィークの旅行は「ハワイに行って来た」と言うよりも、「タヒチに行って来た」と言ってみたくありませんか。すっきりレッドスムージーは楽天やAmazonが最安値?【口コミあり】