子育て広場のママ友がこわい|タブレットいじりでSNSや写メばっかり…

子育て広場にいけば、ママ友ができるかな?なんてドキドキしながら子育て広場に参加したものの、ママ友がこわくて友ダチづくりができなかった〜という悩みはありませんか?
近所づきあいや親戚付き合いが減ってきている今、子供を一緒に遊ばせる相手は、ママ友を作り上げるしか方法がないというのがぼんやり淋しいですね。
昔は団地にたくさん子供がいたし、近所に親戚やきょうだいが多くいたので子どもたちを一緒に遊ばせたりしたものですが…。
あんなママたちの負担になってあるママ友づくり、子育て広場をめぐってもスマホいじりでSNSや写メばっかりでお母さん同士のコミュニケーションが希薄なイメージがありませんか?
ママ友を作りたいけど、スマホをいじっているから話しかけづらい、自分はSNSのアカウントを公にしたくないので、SNSでつながろうと言われたら断りづらくて・・・、写メを撮りまくっているから、自分の子も写されそうで近寄りにくいなどあまりにもスマホをいじっていると近づきにくい印象があります。

それは逆に自分が同じようにスマホばっかり見ていたら、周りのお母さんたちに敬遠される可能性もあるということです。
漸く話しかけたいと思っても話しかけにくいとママ友づくりのチャンスを失ってしまったらしょんぼりしませんか?
広場で遊ぶ自分の子供を撮影するのはほんとに楽しいことですが、できたら周りのママたちに挨拶したり話しかける場を決めることがおすすめです。
誰でも緊張するものですし、おそろしいとしていた妻も緊張して頂けということもあります。
中にはあたりが酷く、今なママと知り合ってしまうこともあります。
そんな話を聞いたりするとこわくなるし、ママ友づくりが不安になるのは確かです。
ママ友の距離感も難しいところでどこまで気安くしたらいいか、わからないという人も多いですね。

何となくスマホやSNSの普及でプライベートとパブリックの境界があいまいになりつつあるというのです。
子育て広場とか、スマホ依存は避けたいところですね。
また、施設などで写メを撮るら、周りの知らないお子さんが写りこんでしまう。
それは仕方の乏しいことですが、SNSなどに写真を載せる場合は、見ず知らずのお子さんがしっかり頷けるような場合はモザイクやスタンプなどで顔を包み隠す配慮も必要でしょう。
何かと問題が多い世の中ですが、子育ては嬉しいので前向きにいきましょう。http://huppeskemp.nl/