実際に起きた事故

正に日本国内で中国のおもちゃを買って遊んでいた人がケガをして、リコールされた商品があります。
大阪における輸入業者が中国から輸入したおもちゃで「光るびゅんびゅんマスター」というものです。
プラスティック製の円盤に長いひもを通してあり、ひもの左右にリングが付いています。
こういうリングを左右にひっぱりひもを切り回すため、円盤を高速回転して遠心力によって円盤の中にあるバネスイッチがついて、LED電球が点灯します。

こういうおもちゃを高速回転して遊んでいた人、今回は子供に手本を見せていた大人でしたが、円盤の部品が飛散して、プラスティックの破片が目に入ってしまいました。
この人は角膜裂傷の重傷として病院へ入院となったそうです。
とても危険なおもちゃとなってしまいました。

事故の後に調べたところ、そのおもちゃをひび割れがある状態で使うと、割れてその破片が130キロ/時ものスピードで飛び散る危険性があることがわかったそうです。

二度と日本でも人気の「ホバーボード」。
スケボーという乗り物で人気があります。
中国製品のホバーボードをヨーロッパで、爆発の危険性があるとして輸入禁止となったこともあります。
完全充電するとオーバーヒートして、本体に発火したり、爆発したりする危険があるとわかったそうです。
2016年にはヨーロッパで、輸入を止めたのですが、正に世界中で中国のホバーボードが爆発したそうです。
2015年香港で、正に爆発事故がありました。
ホバーボードを充電していたら2時間ほどしてたちまち爆発、家中に炎が広がって家が焼けてしまったそうです。
イギリスでは、子供が遊んだ後にホバーボードを充電、1時間ほどしたときに変な音がして行くと炎が上がっていたそうです。
その後ホバーボードはもう一度どんと爆発、部屋が爆撃されたという惨状になってしまったそうです。
これらは、中国製のホバーボードの充電器、電池の品質の悪さが原因で起こったと言われています。
その後イギリスで検査を行うと、輸入した中国製のホバーボード、17,000台のうちで15,000台にも充電器や電池に異常があったそうです。
価格が安っぽいからと言って、ノーブランドの商品や偽物商品を購入するとこんな危険な目にあい易いと思います。
購入の際には無事を重視して、敢然と商品選びを通していきましょう。www.theatrardudwy.co.uk