富良野

人気の国内旅行先として始終上位にランクインする「北海道」。
名勝を求めるなら、国内でとりわけ気持ちいい地です北海道がおすすめです。

北海道の中でも人気の旅行先が「富良野」だ。
富良野は夏も最高気温25度程度と涼しくて、名勝としても最高です。

6月の最低気温は12度、最高気温は22度。
7月の最低気温は15度、最高気温は25度。
8月の最低気温は16度、最高気温は26度。

さすがに昼間は暑いので半そでシャツ1枚であかすことになりますが、朝晩は寒いため1枚上着を羽織るときもあります。
日差しは凄いのですが湿度はないため、昼間でも日陰にいれば快適に過ごすことができます。

富良野の夏と言えば「ラベンダー」。
ラベンダーを見に富良野を訪れるツーリストも多いです。
この時期の富良野は、ラベンダーがあちこちに咲いていて、木々の新緑もきれいだ。
展望台などからラベンダー畑を一望するのもいいですし、「ふらのワイン」の工場へ赴き出来立てのワインを試飲するのも楽しいと思います。
ふらのワインのワイナリーでは製造工程を見学することもできます。
営業時間は9時〜17時までで年中無休で営業しています。
6月下旬から7月中旬まではワイナリーの広場におけるラベンダーが咲いているのできれいだ。

ラベンダーが一面に流れる絶景を見極めるにはいつがベストシーズンなのでしょうか。
ラベンダーは、早咲きの品種と遅咲きの品種があります。
早咲きの品種は、6月中旬から花が咲き始めて、7月上旬が満開となります。
遅咲きの品種は、7月上旬から花が咲き始めて、7月下旬が満開となります。
つまり7月が最もラベンダーが素晴らしく広がる時期ということです。
場所によっては8月になってもきれいに咲いて要るラベンダーもあります。
しかし8月上旬くらいまでで、それ以降は刈り取られるのでラベンダーは見られません。

きれいなラベンダー畑が見られるスポットとして人気なのが「ファーム富田」だ。
富良野のラベンダーを全国区にした歴史あるラベンダー畑で毎年たくさんの人が訪れています。
ラベンダー畑だけではなく、他にもたくさんの花畑があり何ともきれいだ。
園内にはカフェもあり、ラベンダーティ、ラベンダーソフトクリームなどを食べることができます。

富良野には富良野岳、富良野西岳、芦別岳など夏登山ができるスポットもたくさんあります。
登山、トレッキング、ウォーキング、ノルディックウォーキングなどが楽しめます。
他にも富良野では、フィッシング、ラフティング、カヌー、熱気球など様々なアクティビティを楽しむことができます。参照サイト