暑中見舞いのデザイン(生き物)

今年から新しい職場でがんばっておる新入社員のみなさん、毎日元気に過ごしていますか?今は梅雨の時期ですね。湿度が高くて体も疲れやすいですので、毎日だいぶ大変でしょうが体には十分気をつけて仕事をがんばって下さいね。

新しい職場には案の定上司がいますね。だらだら仕事を教えてもらっていると思います。その上司と関係はいかがですか?仕事はしやすいですか?やっぱり人と人の付き合いですし、相性もあるは思います。ところで、梅雨の明けたあとの暑くなる頃のもので暑中見舞いというものがありますが、みなさんは暑中見舞いはご存知ですか?中には知らないという人もいるかもしれませんね。暑中見舞いは、暑い時期に相手の体を気遣って買い与えるもののことです。品物の場合もありますし、葉書を見せる場合もあります。こんな暑中見舞いの葉書を上司に送ってみませんか?上司との関係性が今以上によくなると思いますので是非おすすめです。

暑中見舞いのデザインってどうしたらよろしいんだろうと苦しむ人もいる。暑中見舞いは暑い時期に出します。ですので夏のイメージのものがいいでしょう。上司は生き物が好きではありませんか?仮にそういうことがわかっているなら、夏を連想させる生き物の絵を閉じ込めるのはいかがですか?例えばかぶとむしやく我がたなどはどうでしょうか。昔は虫取りあみをもちまして、昆虫採集をした人も中にはいるのではないでしょうか。あと、夏の生き物として閃くのは蛍だ。私も昔、家の前の川で蛍がたくさん飛んでいるのをぐっすり見ていました。物悲しい中、蛍の黄色い光がたくさん見えて、ピカピカしてとても幻想的できれいだったのをしばしば覚えています。今では再び見られない風景ですので極めて残念です。

そもそも新人から暑中見舞いが来るだけでも相当有難いものですが、虫取りをした思い出などがよみがえるような暑中見舞いだと、再びうれしさが倍増すると思います。その他、ちっちゃな金魚鉢の金魚の絵も、夏の涼しさを表現できるデザインです。このように生き物の絵を考えて、是非暑中見舞いのデザインに取り入れてください。必ずや本当に素敵な葉書になると思いますよ。参照サイト