首イボの対策・予防法

首イボと言われている老化とともに増えるイボは、アクロコルドンやスキンタッグなどがほとんどです。
アクロコルドンは肌とほとんど貫く色のものや少々褐色のものが多く、大体がたいは2〜3ミリ程度のちっちゃなイボだ。
表面にはめったに盛り上がりが見られず、退化によって発生し増えていきます。
またスキンタッグはアクロコルドンより少し大きいイボでほんのり突起していますが、中高年に多いものの、若い人にも発症することがある首イボだ。
これらのイボは感染の心配もなく、悪性のものではありません。
しかしアクセサリーなどに引っかかると、その部分が炎症を起こし、それを増やす結果皮膚癌のリスクが高くなることがあるので注意しましょう。
首イボの原因は紫外線によるダメージ、老化肌、こすれ、乾燥などによるものと言われており、1カ月程度で自然に取れて新しいものがまた発生するということを繰り返します。
出来ない人は至極できないので体質的なこともあるようですが、分かっている原因から予防対策を考えましょう。
特に紫外線によるダメージを受けないようにするため、外出する時折首にストールを巻く、大きなつばの帽子を重なる、日傘を差す、UVカットクリームなどの紫外線予防を行います。
また顔と同じように保湿化粧水や保湿クリームなどで、首にも保湿ケアをしっかり行うことも大切です。
他にもネックレスなどで首の皮膚を刺激し続けないことも注意しましょう。
別に多少なりとも首イボができている場合は、どんどん刺激をしないようしないと、どんどん増えるケー。
また入浴のときは首をゴシゴシ洗わず、泡洗顔と同じように手厚く洗うようにして、肌にダメージを与えないようにすることも大切です。
そしてもしも首イボが出てきた時折、首イボ専用のヨクイニンや杏エキスなど、イボケアに効果のある成分配合のクリームなどを使用してイボケアを通していきましょう。
角質が溜まってしまうとスキンケアを通しても浸透しずらくなり保湿ケアの効果にも期待できなくなるので、角質を柔らかくしきれいに食する引き上げるケアなどもおすすめです。
また退化による首イボでないこともあるので、気としてひとまず医師の診察を受けることもおすすめです。http://www.v-landfestival.nl/