GWの北海道旅行のお気に入りはニセコ

北海道には見どころがたくさんありますが、土地が幅広いのでゴールデンウィークのように短期間の旅行では名勝を絞って回ることをおすすめします。

北海道の取り分けニセコは、体験型レジャーが味わえる地域として海外からも多数のツーリストが度重なる一大名勝となっています。
春夏は温暖で晴天の日が多いので、ゴールデンウィークには殊におすすめです。
アウトドアアクティビティだけでなく、大人も子供も喜べるさまざまな体験アトラクションもあってファミリーで存分に遊べます。

ニセコ町の中央を染みるのが清流日本一と言われる尻別川で、夏期はラフティングを目当てにまわるツーリストが大勢います。
ゴールデンウィークの頃は北海道はピッタリ雪解けの時期にあたり、尻別川の水量も多くなってある。
つまり、ラフティングには一番迫力があって、もってこいの時期と言えます。
ラフティングの所要時間は主として3時間半ですが、大自然の中でボートに乗っての川下りは最高に清々しいので、さっさと時間が過ぎてしまう。

ニセコと言えばスキーを思い浮かべる方も多いと思いますが、二セコは羊蹄山(蝦夷富士)、昆布岳、そしてニセコアンヌプリと三方を山に囲まれた丘陵地帯で、ここへ吹き込むシベリア寒気団は、スゴイ量と良質な雪を降らせます。
こういう雪が他のエリアでは味わうことができない独特の浮遊感を生み出してくれます。
また、ゲレンデの数や周辺施設等も充実してあり、初心者から名工まで安心して楽しめます。
ニセコのスキー場は、例年12月から5月上旬までの営業となっていて、ゴールデンウィークはまだまだ春スキーを楽しむことができます。

また、アクティブに遊ぶだけがニセコではありません。
インドア体験としては、ガラスや革細工などのクラフトやソーセージやチーズづくりなどの食品加工体験なども充実しています。
親子で北海道旅行の思い出づくりに挑戦されてはいかがでしょうか。

そして色々遊んだあとは、立ち並ぶ温泉街で悠々疲れを癒しましょう。

ニセコ連峰には15の温泉が点在していて、泉質の多寡がニセコの魅力でもあります。
泉質はそれぞれに特色があるので、是非湯巡りでお楽しみください。【大後悔】金剛筋シャツは楽天・Amazonが最安値?失敗しない買い方